記事一覧

オーデマ ピゲのカスタマーサービス、3月に誕生したストラップ専用サロンを体験・検証する

5月といえば、世間では衣替えの季節だ。

腕時計において"衣替え"といえば、おそらくストラップ交換がこれに当たるだろう。
秋・冬に使った革ベルトをラバー・ベルトやブレスに換装したり、もともと革ベルトでないスポーツ・ウォッチの場合でも、夏に向けて、ストラップの色や素材を変えて楽しみたいなど、実用面だけでなくファッショナブルな面からのニーズも多い。

もちろんバネ棒などの工具をお持ちで自宅で交換できちゃう愛好家もいるだろうが、多くの方にとってベルト交換はちょっとばかりハードルが高い。ロレックス腕時計修理これを解決するため、最近では手軽にストラップ交換が可能な"インターチェンジャブル"方式を売りにするモデルも増えてきたが、往年のモデルの場合、まだ購入したお店に持っていったり、近くのサービスセンターに立ち寄る必要がある。

次に問題なのが、ストラップを夏用に新調しようとしたときに、取扱店に希望色の在庫がないケースがあるということだ。
この場合、カタログから選んで注文すると、さらに数日から数週間の時間が必要となるばかりでなく、いざ入荷しても、カタログ画像と実品のイメージが違ったり、装着感が想像と違ったりするなど、いろいろと問題が生じたりもする。

そうしたユーザーの不都合を解消すべく、時計のファッショナブル性を高く意識した作品の多いオーデマ ピゲが、ユーザー向けにさらに細やかなサービスを提供するため、今年3月、ストラップ専用サロンを銀座ブティックと同じビル内に創設しているので、早速、そのサービスを体験してきた。


早速、体験させていただくことにした。
せっかくの機会なので、撮影のサンプルには先ごろ発表されたばかりの新作「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ」の、ピンクゴールドにブラックセラミックを組み合わせた斬新なデザインが話題となったモデルの実機を貸していただく。


シルバーで爽快感を演出。デイトナ 6263 コピーまた、このカスタマーサービスでは、ご自身の時計の簡単なチェックとクリーニングサービスを無償で受けることもできるのだ。

使いやすくユーザーフレンドリーなサービスなので、ぜひ一度ご利用して欲しい。
待ち時間なくサービスを受けるには、訪問前の予約がお薦めだ(サービスセンターの営業時間は11:30〜19:30)。

さらに、営業時間内の訪問が難しい方や、遠方にお住まいの方に対応する「ピックアップサービス」の提供があるので、簡単な手順をご紹介しておく。

【関連記事】:http://tanikou.top

コメント一覧

Ankopi安値 URL 2021年11月18日(木)15時21分 編集・削除

100%実物写真保証!「品質安心保証」客様に安心してお買い物。安全と安心を大切に、より良い品質を追求します!

mwmako785 Eメール URL 2021年11月19日(金)16時14分 編集・削除

カジュアルなデザインにスタッズのストラップ