記事一覧

現代クロノグラフ創世記から復刻。ゼニス、ブライトリング、ハミルトンの名作時計

クロノグラフの魅力は、メカニカルでスピード感溢れるデザイン。

通常の時刻表示に、任意の時間を計るストップウォッチ機能を加えた技術の歴史を振り返れば、手巻きから自動巻きに移行した1969年が、大きなエポックメイキングだったと言えるだろう。

今ではさまざま機能が付加されているが、クロノグラフとは一般的に、ストップウォッチ機能を備えた時計を指す。
この年に自動巻き式が誕生し、腕に着けていればゼンマイを巻く必要もなくなったことで安定していつでも使用できるようになり、活躍の場が一気に広がったのだ。

そんなメモリアルイヤーから1970年代にかけてのクロノグラフが最新の技術で甦っている。その進取の精神は今も色褪せないままだ。

ZENITH ゼニス
エル・プリメロ A384リバイバル


SSケース、自動巻き、37mm径、88万円/ゼニス 03-3575-5861
1969年は自動巻き式クロノグラフムーブメントが誕生した記念すべき年だ。開発競争では各社がしのぎを削り、ゼニスがエル・プリメロを1月に発表し、続いて3月にブライトリングを始めとする4社連合によるクロノマチックが登場。

さらに5月にはセイコーがcal.6139ムーブメント搭載モデルをいち早く市販化した。先陣を切りながらも市販は秋に出遅れたゼニスだったが、それでもエル・プリメロが大きな注目を集めたのは、通常の計時とクロノグラフの機構を一体化した専用設計であり、さらに毎時3万6000振動という高振動を採用したことだ。


ちなみにA384は『ルパン三世』に登場する次元大介が愛用していたことでも知られ、昨年12月に発売された日本限定の次元モデルは即完売した。
以来エル・プリメロは、高性能クロノグラフの金字塔となり、いまもブランドシンボルになっている。このA384はその搭載ファーストモデルのひとつであり、角張ったトノーケースに独創的なラダーブレスレットを組み合わせ、オリジナルスタイルを忠実再現する。引き締まったサイズにはその歴史と革新性を凝縮するのだ。

コメント一覧

時計業界の新作発表 Eメール URL 2021年07月16日(金)16時34分 編集・削除

(ウォッチ・メディア・オンライン)は時計を趣味とするユーザーにとって有益な情報を配信し、また企画やイベントを主催し、日本の時計ユーザーの環境をより愉しいものとすることを目的としています。