記事一覧

ノモス「(NOMOS Glashütte)」が、ドイツ・グラスヒュッテで時計製造が始まってから175年を記念した

ノモス「(NOMOS Glashütte)」が、ドイツ・グラスヒュッテで時計製造が始まってから175年を記念した「ラムダ グラスヒュッテ時計産業175年」限定エディションを発売


1845年にドイツ・ザクセン州の山間に位置するグラスヒュッテに時計産業が興り、175年を経てこの街での時計製造技術は高い評価を得るに至りました。オメガ コピーそんなグラスヒュッテの伝統技法をふんだんに盛り込んだ細密仕様でありながら、ステンレスケースを採用することデイリーユースにも最適なモデルに仕上がっています。



新しいステンレススチールのケース、新しいサイズ、エナメルホワイト、エナメルブラック、エナメルブルーの文字盤、クロノメーター基準に調整されたムーブメント。それはすなわち、グラスヒュッテの時計産業が始まってから175年ということを祝福する3つの新しいタイムピースです。それぞれのカラーが175本の限定生産で、これらは歴史あるこの街で伝統的な技術によって製作された特別なモデルなのです。

文字盤はエナメル調の光沢が特別な深みをあたえており、カーブした文字盤とサファイヤクリスタルガラスがその効果を一層引き立てています。念入りにポリッシュされたスチールのケースは、精密な高級時計でありながら日常的にお使いいただけるものです。「Lambdaラムダ」という名前は数学でいうところの「本質的価値」に由来し、不変の価値を意味します。

ラムダはパワーリザーブインジケーターを備えています。それは文字盤上に円弧を描き、84時間、3.5日分のゼンマイ残量を表示します。4本の細い針はこの時計に優美さを与え、キネティックオブジェであるかのように感じさせます。



磨き上げられたケースはスレンダーなベゼルの内側に文字盤を囲い込んでいます。そしてケースのサイドから裏側への造形は絞り込むようなカーブを描きます。ラグもまたケース同様のカーブになっています。

ムーブメントもまた特別なものです。ラムダはキャリバーDUW1001を搭載しますが、ジラール・ペルゴ 1945これはDUW(ドイツ時計製品・Deutsche Uhrenwerke)の名を冠した最初のキャリバーです。
大きめですがスレンダーなツインバレル式のキャリバーは、29個のルビーが完璧な動作を保証します。そのうちの6つは、グラスヒュッテの伝統的技法を踏襲し、ハンドポリッシュされたネジ留めのシャトンに装着されています。全てのパーツのエッジはやはりハンドポリッシュで仕上げられており、スチールのパーツは一つ一つ鏡面仕上げが施されています。


【関連記事】:どんなスタイルにも似合うシンプルイズベスト

エドックスが「クロノオフショア1 」コレクションに、ブラック マザー・オブ・パール ダイアルを採用した日本限定モデルを発表

「クロノオフショア1 」コレクションに、ブラック マザー・オブ・パール ダイアルを採用した日本限定モデルが登場


エドックスは、 パワーボートレースのラグジュアリーかつダイナミックな世界観を表現する時計コレクション クロノオフショア 1 より、 日本限定のブラック マザー ・ オブ ・ パールをダイアルに採用した限定モデル 「クロノオフショア 1 クロノグラフ オートマティック ジャパン リミテッドエディション」 2 型、 「クロノオフショア 1 プロフェッショナル ジャパン リミテッドエディション」 2 型を発表いたします。カルティエ 時計 レディース 限定本数は各100本で、 2020 年12月より全国の正規販売店にて発 売予定です。



華やかさとエレガントさをプラスした日本限定の特別デザイン
今回発売する限定モデルは、角度によって表情を変えるブラック マザー ・ オブ ・ パールのダイアルにシルバーのインデックスとブラックのサブダイヤルがセッティングされています。 真珠母貝が素材のマザーオブパールは 、 個体ごとに質感が異なるので、 それぞれに1点もののプレミアム感があります。 堅牢なケース構造、 500 m防水の高い防水性などタフな仕様はそのままに、 華やかでエレガントなデザインを纏うタイムピースに仕上げました。


老舗時計ブランドと、過酷な海のモータースポーツ「パワーボートレース」の融合から生まれたフラッグシップコレクション クロノオフショア 1
「クロノオフショア1」 は、 海のF1とも称されるスリリングで迫力のあるパワーボートの世界観を投影したフラッグシップコレクションです。 世界最高峰の国際モーターボートレース大会「クラスワン パワーボート世界選手権」 との出会いによって生まれました。
1200馬力のエンジンを4基搭載するマシンを使用し、 海上で繰り広げられるエクストリームなレースは、 追求に追求を重ねる時計製造への姿勢を貫くエドックスと高い親和性があります。 3.5mm厚以上の重厚感のあるマッシブなセラミックベゼルが、エクストリームさを表現しています。日常使用ではオーバースペックすぎるほどの飽和潜水500m防水を備え、デザインも品質もタフな仕上がりとなっています。ケースバックには、マシンの動力の要となるスクリュープロペラのモチーフを施しています。



[データ]
品番:01122-3BU3M-NANIN
キャリバー:自動巻き(EDOX011)
機能:時針・分針・秒針、クロノグラフ、日付、曜日
サイズ:45mm
ケース:316Lステンレススティール、オートヘリウムエスケープバルブ
ダイアル:ブラック マザー・オブ・パール
ベゼル:ハイテクセラミック(逆回転防止ベゼル)
防水:50気圧/500m
ガラス:サファイアクリスタル(無反射コーティング)
ストラップ:ステンレススティール
その他:日本限定100本 12月発売予定

【関連記事】:新しいファション流行データをシェアする

「ドイツ時計の世界」より~日本橋三越本店ワールド ウォッチ フェア2021でのスペシャル トーク イベント・レポート

前回の山田五郎さんのクロノグラフのトークショーに引き続き、その翌週に開催されたドイツの時計のトークショーに参加しました。今回は同氏の講演内容を深掘りして、さらに独自の調査も合わせて記載させていただきます。



●カッコー時計の数々(東京日本橋横山町の“森の時計”にて)


この地域を代表する時計ブランドが1861年にシュランベルクという街でエアハルト・ユンハンスが創業したユンハンスです。同社は絶大な人気を誇り、1900年初頭には世界最大の置き時計ブランドとなり、シュランベルクの街がユンハンスの企業城下町となっていました。ユンハンスのスケールを大きさは、100周年記念の頃に6,000人の従業員が毎日2万個の置き時計や腕時計を作っていたことに表れています。今でも、長い階段を上がった丘の上に、もの凄く大きな工場があり、産業遺産にもなっています。

腕時計では、バウハウスという1919年にドイツで設立された世界初のデザインの総合教育学校出身のスイスのデザイナーであるマックスビルがデザインした腕時計が有名です。バウハウスのモットーである「形態は機能に従う (Form follows function)」を具現化しているとてもシンプルな時計です。また、1972年のミュンヘン・オリンピックの公式時計にも選ばれ、電波時計の最初の実用化にも貢献しました。
なお、シュヴァルツバルトではシュランベルクの他に、プフォルツハイムという地域も時計産業の中心地になっています。ここには小規模ですが、最近復活したブランドがあります。エザウォッチは、廃業となってから実に37年後の2016年にオランダの時計メーカーに買収され、プフォルツハイムに戻ってきました。

他に、西の時計ブランドとしては、ハンハルト、ストーヴァがあります。昔日本の三大時計メーカーでリコーに吸収されたタカノは、今は亡きラコのコピー時計を作っていました。このように西の時計はクロックを起源とし、今やウォッチにおいても時計産業の中心地となりました。

西の時計産業の特徴は二つあります。

一つは、第二次世界大戦において軍用時計製造という重要な任を担っていたため、軍用時計のレプリカが多いことです。大戦中、ラコとストーヴァは、ランゲ・アンド・ゾーネとともに、ドイツ軍のサプライヤーとなり、空軍向けの通称Bウオッチを製造していました。ハンハルトが開発したドイツ初の腕時計型クロノグラフは空軍に採用されました。ユンハンスは、爆弾のタイムスイッチである時限信管の製造を同社全体の製造割合の9割とし、当時同社の基幹産業としていたこともありました。

もう一つはその多くがスイスのムーブメントを使っていることです。
なぜならば、地理的に近いということと、昔あったECC(現EU)という貿易圏にスイスが入らなかったことが理由で、スイスがECC諸国にムーブメントを輸出するためにドイツを経由したからです。スイスは、シュヴァルツバルトにあるメーカーに時計を作らせるという手法で、ドイツ西側と密接につながっていたのです。それもあって、今でもプフォルツハイムの時計ブランドはスイスのムーブメントを使っているものが多いのです。


●ドイツ時計の二つの中心地(東編〜戦前)

もう一つの時計産業の中心地は東の端にあります。
ポーランドとチェコに隣接するザクセン州にあるグラスヒュッテという街です。グラスヒュッテの時計ブランドには、よくGLASHÜTTE I/SAと書いてあり、I/SA はin Sachsenを示しています。これはザクセン州のグラスヒュッテということで、他にもグラスヒュッテという名前の土地があるということを意味しています。

グラスヒュッテは地名ですが、直訳するとガラス小屋という意味です。今でこそ時計産業の中心地として名前が知られていますが、東ドイツ時代にこの街があることを知っていた人は誰もいないほど無名な街でした。したがいまして、当時、日本のオークションのカタログでグラスヒュッテを“ガラス風防”と訳し時計の名前としてしまうこともありました。このグラスヒュッテは近くにあるドレスデンを首都とするザクセン王国という独立した国にありました。1871年にドイツは統一されましたが、ザクセン王国は第一次世界大戦が終わる1918年までドイツ帝国に入らないほど独立心が高い州でした。

そのザクセン王国のドレスデンで1815年に生まれたのが、フェルディナント・アドルフ・ランゲです。彼はドレスデンにいたザクセン王国の国王付き時計士のヨハン・クリスチャン・フリードリッヒ・グートケスのもとで修行した後、イギリスやフランスで遍歴修行していました。遍歴修行とはドイツの伝統的な修行制度で、若い職人が故郷を離れ、世界を転々としながら各地の親方のもとで腕を磨いて経験を積むものです。パリでは、ブレゲの弟子にあたるヨゼフ・タデウス・ヴィンネルが営むヨーロッパ屈指の時計工房でも修行をしていました。



ランゲ1のいくつかの特徴をあげていきます。

まずはグラスヒュッテ製時計の目印といわれている4分の3地板です。地板というのは時計の歯車などの部品を留める板です。土台になる地板に歯車などのたくさんの部品を乗せていきます。そして、地板と同じ大きさの丸い板(通称:受け)をその上から乗せて小さなネジやくさびで留め固定していました。
そうすると、歯車などの部品を調整するには、小さなネジやくさびで留められた板を外して、終わったらまたかぶせて留め直さないとならないので非常に大変な作業でした。この状況を打開するために、最もいかれる確率が高い時計のテンポを決めるテンプだけを外に出すようにしました。この部分が4分の1なので、4分の3地板といわれるようになり、テンプだけは板(=受け)を外さなくても調整できるようになりました。

しかしながら、ランゲ1が出たころ、他の時計は18世紀にブレゲの師匠といわれるレピーヌが考案した棒状の板(ブリッジ)を使っていました。つまり、丸い板ではなく棒状の板(ブリッジ)で部品を一個一個上から留めることで、棒状の板(ブリッジ)を外すことなく歯車などの部品を調整できるメンテナンスに優れる仕組みが既に一般的になっていました。そのような状況にも関わらず、ランゲ1はわざわざ4分の3地板を復活させました。

【関連記事】:https://dongshi19617yyx.wordpress.com/

「ORIENT STAR」よりシンプルでエレガントな趣を持つ『メカニカルムーンフェイズ』登場

エプソンは、2021年に70周年を迎えた「ORIENT STAR」から、機械式時計の独創的なデザインと高性能の自社ムーブメントが人気のフラッグシップモデル『メカニカルムーンフェイズ』のオープンワークを外し、シンプルな月齢デザインに仕上げた70周年記念限定1モデルを2021年3月18日に発売します。タグホイヤー 時計 レディース裏ぶたにシリアルナンバーを刻むプレステージショップ限定200本の貴重なモデルです。



2017年に誕生した『メカニカルムーンフェイズ』は、オリエントスターのアイコンである12時位置のパワーリザーブ、機械式ムーブメントの一部がダイヤルから見える9時位置のオープンワーク、そして指針式の日付表示に囲まれた6時位置のムーンフェイズ、などの要素が独創的に設計されていることが専門家から高く評価され、時計愛好家の間でも幅広く人気を博してきました。

デビュー4年目の今年、そのクラシックコレクションに加わるのは、オープンワークのない月齢デザインを望むファンの要望に応えて作られた、特別仕様の限定モデルです。このモデルは、ローマ数字やレイルウェイ目盛り、視認性の高いリーフ型の針など、『メカニカルムーンフェイズ』のクラシカルなデザインコードを受け継ぎながら、アイボリーダイヤルを採用することによって、一段とシンプルになったフェイスに上品で落ち着いた味わいを演出しています。

美しいアイボリーの色調とともにダイヤルを引き立てるのは、広い中央部に施されたオリエントスターの「OSマーク」をモチーフにした型押し模様です。立体感を演出したダイヤルは、無反射コーティングを施した両球面サファイアクリスタルのガラスを通じてより鮮明に鑑賞することができます。タグホイヤー コピーまた、グレージング加工されたグレーの本ワニ皮革バンドもアイボリーとマッチして、ダイヤルのクラシカルな印象を一段と強調しています。

この限定モデルは、長く愛用するにふさわしいタイムレスなデザインと同様に、オリエントスターならではの高品質ムーブメントもまた魅力的です。搭載する自動巻きムーブメントは、50時間以上のパワーリザーブと日差+15秒~-5秒の安定した高精度をもたらす自社製キャリバーF7M65。サファイアクリスタルのシースルーバックから目にすることができる46系F7ムーブメントの美しい仕上げも格別です。

【関連記事】:最新のコレクション情報