記事一覧

最新作 RL67 サファリ クロノメーター


""私はサファリというロマンを何度も夢に描いてきました。それは冒険であり、荒々しくパワフルな風景の中の洗練された世界です。 ""
―ラルフ・ローレン


  1984年、ラルフ・ローレンは初めてサファリルックのファッションコレクションを発表しました。時代を超越したさり気ない優雅さが漂い、旅情や冒険心をスタイリッシュに表現したコレクションです。そして今日、ラルフ ローレンRL67サファリ クロノメーター コレクションに2つの新しいモデルが登場し、ラルフ ローレンの美の世界観を広げています。


  RL67サファリ クロノメーター カーキカラー ダイアルは、サファリ コレクションを象徴するデザインモチーフが採用されています。“ヴィンテージ”仕上げのブラック スティールケースは、品格ある艶を与える特殊な処理が施され、ヴィンテージ感にあふれた独特の個性を演出しています。暖かみのある落ち着いた光を放つ、アズラージュを施したマット エナメル仕上げのカーキ ダイアルには、ブラックカラーのスーパールミノバを塗布した時針と分針が配されています。実用的なデザインの大きなアラビア数字を指し示す鮮やかなオレンジの秒針がとても印象的です。スクリューダウン式ケースバックには、42時間のパワーリザーブを有する機械式自動巻キャリバーRL300-1が搭載され、そのムーブメントは、時計の信頼性と精度を保証する厳格な基準を満たし、独立検定機関COSCの認定を受けています。パネライ 時計 人気また、それぞれのムーブメントには、手作業による縦方向のコート・ド・ジュネーブ装飾とペルラージュと呼ばれるサーキュラーグレイン装飾が施されています。10気圧(100m)の防水性を発揮するこのタイムピースは、45mmと39mmの2つのケースサイズが用意され、ストラップに豪華なブラウンアリゲーターが使用されています。



RL67サファリ クロノメーター カモフラージュ ダイアルは、サファリ ウォッチ コレクションに新しい印象を与えています。アズラージュで刻まれたカモフラージュ モチーフのダイアルから、実用性を追求したタイムピースに優雅さとファッション性を巧みに融合させる、ラルフ ローレンの卓越した才能が伺えます。カモフラージュ ダイアル モデルは、他のRL67サファリ クロノメーター シリーズ同様に、“ヴィンテージ”仕上げのブラック スティールケースを採用し、RL300-1自動巻きクロノメーター ムーブメントが搭載されています。ストラップにダークオリーブグリーンのアリゲーターを使用し、45mmと39mmの2つのケースサイズを揃えています。


  2013年に発売されたラルフ ローレンの最初のRL67サファリ クロノメーター ウォッチは、アズラージュを施したマット仕上げのディープ チャコールグレーのダイアルが特徴です。日常使いに最適なウォッチとして、使い込まれた美しい質感が表現された“ヴィンテージ”仕上げのブラック ステンレススティール ケースは、このタイムピースのシグネチャーとなっています。RL67サファリ クロノメーターのオリジナルモデルは、45mmと39mmの2つのケースサイズがあり、探検家のショルダーバッグを彷彿させるユーズド加工されたオリーブグリーン キャンバス地ストラップで美しく仕上げられています。ストラップは、ブルー、ブラック、“ウォッシュアウト”で知られるユーズド加工のキャンバス地ストラップに加えて、レザーラインも取り揃えています。これらオリーブグリーンをはじめとするストラップのクラシカルなカラーは、サファリの世界観と使い込まれた布地の味わいを醸し出すキャンバス地ストラップの魅力を伝えるためにラルフ ローレンによって丁寧に選ばれました。


  ラルフ ローレンRL67サファリ クロノメーターは、頑丈な“ヴィンテージ”仕上げのブラック スティールケースと、視認性を重視しながらも洗練された実用的ダイアルのほか、高精度ムーブメントを搭載し、冒険心を体現する理想的なタイムピースとなっています。「私はデザイナーとして駆け出しだった頃、アフリカ、サファリに行くことを夢見ていました。サファリでは自分らしく生きて、自分の限界に挑戦できるのです。それは、野生を体験して世界の最果てを見るという夢です。」とラルフ・ローレンは語っています。

【関連記事】:http://wonderfully.top

イタリアのウォッチブランド、 アノーニモが日本販売開始


イタリアのウォッチブランド、アノーニモの日本総代理店業務をユーロパッションが開始します。


  2015年11月より 1997年、アノーニモはイタリア・フィレンツェの地で設立されました。ブランド名である“アノーニモ”は、イタリア語で「無名の」、つま、「製品は常にブランドより先行していければならい」というブランド名よりも“品質重視”の意味あいが込められています。


  アノーニモの時計は、20世紀初期よりイタリアの潜水艦乗組員のために、精緻な精度と堅牢な耐久性を兼備した高機能なダイビングウォッチを供給してきた地元フィレンツェ時計職人の影響を強く受けています。2001年、アノーニモはアイコニックなミリターレコレクションを発表すると、世界中の熱狂的なコレクターの注目の的となりました。現在では、6時位置または12時位置に設置されたクラウンガードがアノーニモのアイコンとなっています。



アノーニモの歴史はイタリアブランドのパネライと密接な関係にます。1972年に、ジュゼッペ・パネライがなくなった際、ビジネスの管理をイタリアの海軍幹部であり、エンジニアとしても有名だったディノ・ゼイに譲り渡したのです。そして25年程が経過し、リシュモングループが企業を買収しました。ディノ・ゼイを含む数名の時計師とデザイナーチームは彼ら自身のブランドをつくることに決めました。そしてアノーニモが誕生しました。


  2013年、アノーニモは再び熱狂的な時計ファンの独立投資家に買収されました。その後、会社はアノーニモSAと名付けられ、本社をスイス・ジュネーブへと移しました。


  現在、アノーニモのアイデンティティはイタリアの匠なデザインと、歴史あるスイの時計技術の伝統を兼ね揃えています。スイスメイドのアノーニモウォッチは、イタリアの意匠を凝らした、スポーティで男性的な雰囲気を醸し出す新しいタイプのタイムピースです。アノーニモはスイスで製造されているイタリアの伝統ウォッチブランドです。


【関連記事】:2021年春夏服でおさえるべきレディーストレンドをご紹介

シャネルの時計「J12」がジュネーブ ウォッチ グランプリで受賞!誕生から20年、どこが進化した?

ジュネーブ ウォッチ グランプリ レディース部門賞に「J12」が輝く!
“21世紀のアイコンウォッチ”と呼ばれ、男女問わず幅広い世代に人気のあるCHANEL(シャネル)の時計「J12」が、2019年度のジュネーブ ウォッチ グランプリにおいて、レディース部門賞を獲得しました。

ジュネーブ ウォッチ グランプリは、世界のオート オルロジュリーの素晴らしさを称える目的で開催され、毎年ウォッチ業界における、最も優れたクリエイションや技術への表彰がおこなわれています。

シャネルの同グランプリでの受賞は今回で6度目。スーパーコピーブランド専門店新ムーブメント「キャリバー12.1」を搭載し、生まれ変わった「J12」に今、再び世界中からの注目が集まっています。

時計「J12」¥632,500【ケース:高耐性セラミック×ステンレススチール、ケース径:38mm、ブレスレット:高耐性セラミック、自動巻き】
誕生から20年目の「J12」、進化を遂げたディテールに注目が集まる
新しい「J12」は、約70時間のパワーリザーブを誇る「キャリバー12.1」の動きを楽しめるよう、サファイアクリスタルを施した一体型のセラミックケースになりました。

美しい円は、シャネルのオートオルロジュリーにおけるシグネチャーのひとつです。

2000年にブラック、2003年にホワイトのモデルが登場し、ウォッチメイキングの世界に革命を起こしたセラミック製の時計「J12」。hacopy 届く?、誕生から20年目の幕開けと共に、本質はそのままに、見事に進化を遂げました。

現在、そして未来でありながら過去にも属する「J12」のタイムレスな魅力を、ぜひブティックで実際に手に取って体感してみてください。驚くほど滑らかに手に馴染むそのシルエットは、きっとあなたの着こなしの幅をさらに広げてくれること請け合いです。

【おすすめの関連記事】:http://tomiyuki.top