記事一覧

人間の想像力は無限大か!? 緻密で大胆すぎる4つの機械仕掛けの腕時計

世界から総勢65ブランドが出店する日本最大級の時計展「三越ワールドウオッチフェア」。限定品、稀少モデルなどとともに奥深き時計の魅力にドップリ浸れる13日間は8月15日(水)からスタート! そこで出会える、機械仕掛けの腕時計とは?

機械仕掛けというと、どこか人間味に欠け、無個性で面白みがないもののように思われがちだが、むしろ機械には個性が溢れている。

なぜならばそれを作ったのはほかならぬ人間であり、使うのも人間だからだ。設計者の意図や発想が形になり、使ううちに持ち主のクセも移る。

機械式時計もまさにそうだ。なかには信じられないほどの緻密さや大胆さを備えたものもある。いわばそれは、無限大な人間の想像力を示しているのだ。

BOVET
ボヴェ/エドアール・ボヴェ トゥ—ルビヨン
懐中時計の名残をとどめるダブルフェイス



K18ローズゴールドケース、46mm径、手巻き。4200万円[予価]/DKSHジャパン 03-5441-4515
懐中時計ではかつて工芸品として、表裏に多機能を備えた超複雑機構のものが作られてきた。その伝統に倣い、本作では表に時分針と昼夜表示のほか、北半球と南半球形を象った球面レリーフにそれぞれ24都市と連動した24時間表示タイムゾーンを設ける。そして裏に時分表示とパワーリザーブを備える。

6時位置に見えるフライングトゥールビヨンは、表裏から楽しめるダブルフェイス仕様。さらにリバーシブル装着、ストラップを外してクロック、チェーンを着けて懐中時計として楽しめるなど、1本3役で活躍する。



裏面の時刻表示は表面と連動し、左に備えたパワーリザーブは10日間の長時間動作を誇る。ムーブメントのプレートには美しいハンドエングレービングが全面に施されている。

【関連記事】:快適な旅を叶えるトラベル小物特集

ジャガー・ルクルトが超複雑時計「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3 ‘メテオライト’」を発表

ジャガー・ルクルト
「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3 ‘メテオライト’」



ジャガー・ルクルト「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3 ‘メテオライト’」
トゥールビヨンブリッジがないため、一見ジャイロトゥールビヨン機構が浮いているかのように見える。スーパーコピー時計星のきらめく夜空のようなアベンチュリン、精緻なギヨシェが施されたデイ/ナイト表示、そしてメテオライト。まるで宇宙のような壮大さと神秘性にあふれたモデルである。手巻き(Cal.176)。88石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約45時間。18KPG(直径43.5mm、厚さ15.8mm)。50m防水。世界限定8本。価格未定。
高度な時計製造技術とさまざまな素材が織りなす、美しさの極致
 スイス、ジュウ渓谷のマニュファクチュールであるジャガー・ルクルトより「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3 “メテオライト”」が発表された。

 ベースとなったモデルは2013年に同社の創業180周年を記念して発表された、「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3」である。このモデルは、「最先端の複雑機構を採用することで、同社の芸術の頂点を象徴するタイムピースを作る」という“ハイブリス・メカニカ(超複雑時計)”シリーズの第10作目である。

 同作では超複雑時計と銘打たれている通り、多軸ジャイロトゥールビヨンとデジタル表示の分積算計を持つモノプッシャークロノグラフという、同社の技術力を如何なく発揮した機構が盛り込まれていた。

「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3 ‘メテオライト’」では、同モデルをベースにメテオライトをダイアルの一部に使用することで、新たな表情を与えることに成功した。

 メテオライトは、ほかにもダイアル側から見えるブリッジにも使用されている。リシャールミル コピーしかし、真に見るべきはムーブメントの裏側だ。Cal.176の受けにも採用されたメテオライトは、職人による緻密な仕上げのみならず、ムーブメント各所に散りばめられたブルースクリューやルビー、ジャーマンシルバーの地板と相まって、息をのむような美しさを醸し出す。



時刻表示用ダイアルとクロノグラフ用インダイアル、デイ/ナイト表示が重なり合い、奥行きのある豊かな表情を楽しむことができる。複雑時計の中には、搭載される機構が多くなり視認性が犠牲になってしまうものも少なくないが、このモデルは一目で時刻が分かる高い視認性を備えている。
 また、9時位置のクロノグラフ表示用インダイアルには中央にアベンチュリンが、さらに1時位置の時刻表示用ダイアルには、中央にメテオライト、外周にアベンチュリンが使用されるなど、さまざまな鉱石がこの超複雑時計を盛り立てている。なお、前者のインダイアル外周には超高温で焼成するグランフー エナメルが使用されている。

 ジャガー・ルクルトは創業以来、1200種以上ものムーブメントを開発し、多くの有名ブランドに提供してきた。その並外れた技術力に加え、希少な素材を効果的に使用した「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3 ‘メテオライト’」は、同社の魅力を大いに味わうことができる1本といえるだろう。


【関連記事】:流行の復古腕時計

コンセプトモデルが遂に発売! ジラール・ペルゴの最新作「ロレアート アブソルート ロック」

ジラール・ペルゴ「ロレアート アブソルート ロック」
2019年1月の SIHH でコンセプト ウォッチとして発表されたカーボングラス採用の「ロレアート アブソルート ロック クロノグラフ」がようやく発売される。


ジラール・ペルゴ「ロレアート アブソルート ロック」
自動巻き(Cal.GP0300-0115)。63石。2万8800振動/時。カーボングラスケース(直径44mm)。パワーリザーブ約46時間。50m防水。176万円(税別)。世界限定100本
100 本すべて表情が異なるカーボングラスのケース&ベゼル
 最大の特徴はケースに採用されたカーボングラスだ。パネライ 時計 中古この革新的な素材は、ほかのどのタイプのカーボンとも製造工程が異なり、完全な防水性を備えている。特許を取得した製造工程の射出段階で、高温・超高密度で材料を圧縮注入して製造されるのだが、全ての面が滑らかで均一に仕上がり、美しさにおいても他のカーボン素材よりも秀でている。カーボンと結合したブルーのファイバーが生み出す表情は全て異なり、限定100 本の一本一本が二つとないウォッチになっている。


ステンレススティールの100倍という極めて高い耐久性


カーボングラスが誇る、ステンレススティールの 100倍という極めて高い耐久性もこの素材のもう一つの画期的な革新性だ。軽量性においても非常に優れていて、密度はスティールを約8、チタンを約4.5とすると、ほぼ1に近い値のため非常に軽い。

 プッシュボタンのデザインを一新した44mm 径の大胆なケースは、よりスポーティなクロノグラフを探している男性にこそオススメだ。


【関連記事】:岡山県の高級ブランド情報話題

シチズン「Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」に新作

日本版スマートウォッチ最右翼「CITIZEN Eco-Drive Riiiver」
 様々なデバイスを起点にヒト・モノ・コトを繋げるIoT プラットフォーム『Riiiver』に対応した光発電スマートウオッチ「CITIZEN Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー、以下Eco-Drive Riiiver)」から、シンプルでモダンなデザインの新商品(税別4万5000円)が2020年5月21日に発売される。



現在気温の針表⽰、定型メール送信、現在位置情報送信、降⽔確率の針表⽰、スポーツのスコアの針表⽰、スマートロックやLED 証明との連携などが可能。
CITIZEN Eco-Drive Riiiver
SSケース(直径44.3mm / 厚さ14.6mm)。光発電エコ・ドライブ(月差±15秒)。フル充電時約7ヶ月稼動(パワーセーブ時約1.5年)。Bluetooth®(自動時刻受信、Riiiver連携)。5気圧防⽔。45,000円(税別)
CITIZEN Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)BZ7015-03E


新作の「Eco-Drive Riiiver」は、ビジネスシーンをはじめ、どんなスタイルにもマッチするシンプルでモダンなデザインに仕上がった。これまでのポップなカラーリングから一転、シンプルに文字板とベルトがワントーンで色味が揃えられた。全体的に落ち着いた印象でありながら、ドット型のサブダイヤルとインデックス、効果的に差し色を使用することで『Eco-Drive Riiiver』らしい遊び心も加わっている。また、球面クリスタルガラスを使用することで、立体的で柔らかな雰囲気もある。腕時計が本来持つ美しさを意識することで、新しさを感じさせながらもアナログならではの温かみや優しさを持ったデザインと言えるだろう。

CITIZEN Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)BZ7014-06L



『Eco-Drive Riiiver』は、IoT プラットフォームである『Riiiver』を通じて、自分のライフスタイルや好みに合わせて様々なデバイスやサービスとつながることが可能な腕時計だ。例えば、腕時計のボタンを押すだけでアプリと連携して情報を取得したり、IoT 機器を操作できるなど、アイデア次第で様々な設定が可能になる。

ボーム&メルシエからミニマルなデザインとエコを追求した「ボーム」コレクションが登場

2021年5月、コレクションのひとつとしてボーム&メルシエに統合されることが発表された時計ブランド「BAUME(ボーム)」。今回ボーム&メルシエは、自動巻きの限定モデル「ボームオーシャン」を含む、新しいコレクション「ボーム」を発表した。



「地球環境の未来を考えた時計作り」をコンセプトにした「ボーム」コレクション。


気軽に手に取れる価格帯と洗練されたデザイン



ボーム&メルシエ「ボーム」Ref.M0A10601
クォーツ(Cal.RONDA 6004 D)。5石。SS(直径41mm、厚さ7.56mm)。3気圧防水。5万4000円(税別)。
 注目すべきは、すべてのパーツがリサイクル・アップサイクル可能であること。ストラップはRPET(再生プラスティック)などのリサイクルされた素材で作られている。また簡単に付け替え可能なインターチェンジャブルストラップシステムを採用し、時計とのコーディネートも楽しむことができる。なおボームコレクションのストラップは公式オンラインブティックで購入可能だ。六角形のパッケージは、適切な管理が行われている森林の木材を使った製品であることを示すFSC認証を受けたダンボールで作られており、資源の無駄遣いを防ぐため最小限の梱包に留められている。


ボーム&メルシエ「ボームオーシャン」Ref.M0A10587
自動巻き(Cal.Sellita SW200)。26石。2万8800振動/時。SS(直径42mm、厚さ10.2mm)。3気圧防水。16万円(税別)。
 ボームがボーム&メルシエに統合されてから、初めて登場するモデルがこの「ボームオーシャン」だ。海洋汚染の問題に取り組むNGO団体「Waste Free Oceans」(WFO)と「SEAQUAL INITIATIVE」とのコラボレーションモデルでもある。海から集めたプラスティックごみを再利用したケースと、100%リサイクルプラスティックで作られた「シークアルヤーン」ストラップを特徴とする。

 陽極酸化アルミニウムで覆われたケースは、80%がWFOによって回収されたプラスティック、20%が耐久性を高めるためのガラス繊維で構成されている。アップサイクルされた材料で限定モデルのケースを作るため同社は最高の品質と耐久性を追及し、海から回収したプラスティック破片の選定など、WFOと共同で作業を進めてきた。


【関連記事】:奈良県のファッションブランド情報!